本文へ進みます

Yamaha Motor Revs Your Heart

ヤマハモーターエレクトロニクス株式会社  
採用サイト

キャリアパス

当社の人材育成の考え方や、本人の意欲を促す教育制度をご案内します。

MENU
電装事業企画部 電装企画推進課/電装業務課

CASE 1

電装事業企画部 電装企画推進課/電装業務課

1998年入社

杉山 大輔
DAISUKE SUGIYAMA

公私を通じた海外での体験で、
自分を磨く

STEP 1

1998.4

大学で地元を離れていたため、就活は地元周辺で活動。
また、1年間の休学中での海外放浪でグローバルな会社で働きたいという希望とも合致して、入社。

STEP 2

1998.6

2ヵ月間の工場研修を経て、6月営業課に配属。
フランスW杯を同期とテレビ観戦しながら、仲間意識を高めるとともに代表からも挑戦することの大事さを学ぶ。

STEP 3

1999.5

モーターサイクルのサービスパーツを取り扱う部品事業部の担当となり、改めてヤマハのバイクに長く乗り続けるファンがたくさんいることに気付かされた。一方、長く部品を作り続けることの難しさも知り、両立させるためにはどうすればいいのか試行錯誤を繰り返す。

STEP 4

2002.6

トヨタ車体向けの新商品の立上げ準備に奔走しながらも、休みを取って、日韓W杯では韓国まで行って観戦。
エコパで行われた準々決勝ではロナウジーニョのFKに興奮しその夜の浜松では偶然遭遇したRカルロスと祝杯を挙げる。

STEP 5

2006.6

大型MCの新商品の開発当初から携わることでPJ進捗管理、原価管理をチームの一員として実施。
その後、主任に昇格。国内営業から海外営業に異動となり、より海外で働きたいという意識が強くなる。

STEP 6

2009.4

インドネシア駐在前提での財務課への異動を命じられる。
今までとは全く違う職種に戸惑いながらも、駐在に必要な知識、知見を習得。

STEP 7

2010.1

1月インドネシア赴任。Finance Managerとして、拠点の財務を任される立場、駐在員としてナショナルスタッフから見られることを意識し、早く現地に慣れるように努める。4月には妻、娘3人も赴任し、充実した駐在生活が始まる。

STEP 8

2012.8

2010年には330万台あったヤマハの台数が250万台まで減少。賃金Upを求める組合との交渉にも参画し、経営の難しさを痛感。レバラン休みには家族でバリ一周旅行に出かけ、気分をリフレッシュ。

STEP 9

2016.4

イスラム教、海や山の大自然に触れ、日本人駐在員とよく飲み意見を交わした6年3カ月のインドネシア駐在から帰任。駐在時に身に付けた知見を活かし、7年振りの営業課で、課長として気持ちを新たに仕事に励む。

STEP 10

2019.1

現在に至る。
 
READ MORE
総務部財務課

CASE 2

総務部財務課

2008年入社

増田 綾乃
AYANO MASUDA

仲間のサポートを受けながら、
育児に仕事に奮闘

STEP 1

2008.8

結婚を機に前職を退職。県外から磐田へ転居。ヤマハ発動機のグループ会社ということで、安定した環境で長く働き続けられると思い入社。理系出身だが、未経験の財務に配属。

STEP 2

2009

生産管理システムの変更に伴う新しい原価計算システムの立ち上げに参画。材料の購入から販売に至るまで、会社の『お金とモノ』の管理について理解を深める。

STEP 3

2010.5

第1子出産。妊娠初期には、流産の兆候があり2週間ほど仕事を休んだが、周囲のフォローに助けられ、なんとか出産前まで仕事を続けることができた。職場のみんなに感謝!

STEP 4

2011.4

約1年間の育児休業を取得し、フルタイムで復帰。保育園のお迎えがあり、残業できないため、定時までに仕事を片付ける習慣がつく。

STEP 5

2012

ヤマハ発動機グループの数社がかかわる固定資産管理システムの立ち上げに従事。社内だけでなく、ヤマハ発動機、グループ会社の人との関わりも増える。

STEP 6

2013.7

第2子出産。今回は大きなトラブルもなく、出産を迎える。
従事していた固定資産管理システムも安定稼働し、引継ぎも完了。今回も職場のみんなに協力いただき、感謝!

STEP 7

2014.7

約1年間の育児休業を取得し、9時-16時の短時間勤務で復帰。周囲の人と勤務時間が異なるため、しっかりとコミュニケーションをとり、仕事を進めることを心掛ける。

STEP 8

2015

消費税、移転価格等税務に関する業務および管理会計実務、資金管理に従事。
マイホーム建築。より一層仕事を頑張らなければ!

STEP 9

2016.11

第3子出産。会社の事業の変革期で、資金管理が非常に重要な場面での産休。より慎重に引継ぎを行う。さまざまな人にフォローいただいた!感謝!!

STEP 10

2018.4

保育園に入園できず、育児休業を予定より半年延長。1年半の育児休業を取得し、9時-16時の短時間勤務で復帰。現在は、投資管理をメインに担当。
 
READ MORE

ヤマハモーターエレクトロニクス株式会社

(国内専用窓口 / This number is for inquiries regarding domestic market (Japan) issues only.)

0538-85-0211

受付時間 9:00~11:30 / 13:00~17:00 月~金曜日
(祝日、弊社所定の休日等を除く)
〒437-0292 静岡県周智郡森町森1450-6 Fax:0538-85-0591

ページ
先頭へ